敷金返還Q&A

Q1

契約書には「借主は、明渡しの際に原状回復しなければならない」と書かれています。貸主は、原状回復は入居当時の状態に戻すことだと言っていますが、本当ですか?貸主が言うとおりの費用を負担しなければいけないのでしょうか?

 

A1

原状回復とは、入居当時の状態にまで回復することをいうのではなく、借主の故意・過失や通常の使用方法に反する使用など、借主の責任によって生じた損耗やキズなどを復旧することをいいます。この相談事例では、貸主の主張どおりに入居当時の状態にまで回復する義務はないといえます。

 

Q2

かなり古いと思われる物件に4 年間居住していました。退去の際にバスルームの床が傷んでいるので、バスルームごと交換するための費用70 万円を請求されました。納得できないのですが…。

 

A2

床が傷んだ原因が老朽化によるもので、借主に責任がない場合には、借主の負担とはなりません。次の入居者を確保する目的で行う設備の交換や、古くなった設備を最新のものに取り替えるような修繕は、リフォームやグレードアップにあたると考えられます。

Q3

2年間借りていたアパートを退去し、立会いのときに、畳1枚に焼け焦げがあると言われました。確かに私の不注意なので、畳1枚分は仕方ないと思いますが、1枚替えると色が違ってしまうため部屋全部の畳を張り替えると言われました。その費用の全額が私の負担になってしまうのでしょうか?

 

A3

借主の負担は、故意・過失や通常の使用方法に反する使用など、借主の責任によって生じた損耗やキズなどを復旧する補修工事に必要な施工の最小単位に限定されます。さらに、その最小単位のうち、貸主負担となる通常損耗・経年変化分を除いた部分が、借主の負担する費用になります。ただし、畳やふすま、障子紙などは消耗品的性格が強く、経過年数を考慮することにはなじまないものと考えられます。この相談事例の場合は、借主の過失による焼け焦げがある畳1枚分のみを借主負担とすることが妥当と考えられます。

Q4

2年間住んだアパートを退去することになり、契約書を確認したところ、特約条項に「原状回復は、理由のいかんを問わず借主負担とする。」と書いてあることに気付きました。この特約は有効なのでしょうか?

 

A4

借主に通常の原状回復義務を超えた義務を課す特約が有効となるためには、一定の要件が必要とされます。特約があっても、無効となる場合もあります。

オリベフットサルパーク
オリベ司法書士事務所はFCオリベを応援しています。

Google
法テラス
法テラス岐阜

対応可能エリア(岐阜)

多治見市、笠原町、土岐市、瑞浪市、可児市、美濃加茂市、恵那市、中津川市

対応可能エリア(愛知)

春日井市、小牧市、瀬戸市、尾張旭市、犬山市、丹羽郡、名古屋市、一宮市

検索エンジンなら検索サイト.net

債務整理