本人通知制度

 

今晩は、日本一暑い街多治見でも、朝晩は冷え込みがきつくなりましたね。体調管理には気をつけたいものです。

 

ところで、私たち司法書士は業務に関連して、必要な場合には、依頼人の住民票や戸籍を委任状をもらわなくても取得することが出来ます。

 

つまり人様の住民票を勝手に取ることもできるわけです。

 

そんな制度があることを前提にして、最近各市町村では本人通知制度を導入し始めています。

 

本人通知制度とは、市町村が、住民票の写しや戸籍謄本など(以下「住民票の写し等」という。)を、代理人や第三者に交付した場合に、希望する本人(事前に市町村への登録が必要)に交付したことを知らせる制度です。

 

あくまでも、住民票や戸籍の情報は、本人のものであることからすれば、当然の流れなような気がします。

 

私も、なるべく職権での取得は控えていますが、職権での取得は乱用の危険もあるという認識を忘れず持ち続けることを心がけようと思います。

 

 

今日も一日お疲れ様でした。

 

 

オリベフットサルパーク
オリベ司法書士事務所はFCオリベを応援しています。

Google
法テラス
法テラス岐阜

対応可能エリア(岐阜)

多治見市、笠原町、土岐市、瑞浪市、可児市、美濃加茂市、恵那市、中津川市

対応可能エリア(愛知)

春日井市、小牧市、瀬戸市、尾張旭市、犬山市、丹羽郡、名古屋市、一宮市

検索エンジンなら検索サイト.net

債務整理